洋紀Hiromichiの部屋

洋紀Hiromichiの部屋は、自作曲と、和声など音楽通信講座のサイトです。

Outlook365で「□」と格闘!?こうして「□」を消しました!

Microsoft Office 365を使うようになって久しいです。

けれども最近、その一員であるOutlook365を使ってメールを書くと、なぜか□(四角)マークが所々に出るようになりました。
どうやら、スペースキーを押すごとにこの□、出てくるようです。

どこかで誤操作してしまったにちがいないと思い、□が出ないようにしようとしてあっちこっちを操作したり、ネットを検索したりして、結果何とか消すことが出来ました。

でも結構苦労しました。
忘れると困るので、備忘録もかねてその顛末をちょっと書いてみます。
同じ悩みを抱える方はご覧になってみてください。

ネットを検索しても結構大変?Officeはバージョンごとに変更たっぷり

とにかくネットリテラシーの貧弱な自分としては、ネット世間の皆様に頼るしかないワケです。

ということでとにかくネット検索で「outlook □が出る」など入力してググってみました。

ところが案に違(たが)い、迷いに迷います。
多くの方が同じ思いというか、同じ混迷状態でいろいろ試行錯誤していたり、または企業サイトにQ&Aされたりして解決しようとされているようです。

でも、よくよく自分のOffice365、というか今回はOutlookですが、その表示を確認してみると、旧バージョンのそれとはずいぶん変更が多いですね。
このあたり、よくOfficeのユーザーさんたちが困惑しているところだというのは私もネットサーフで目にします。

で、今回もそれがドンピシャリになってしまいました。
ネット上の回答や説明を見ると、旧バージョンのOutlookの解決方法が矢面になってすぐ現れますが、Office365のそれとなるとちょっと見当たらない。
つまり、旧バージョンのOutlookで解決できた方法が、Outlook365になると利用できないようです。
困りに困りました。

いや、別に□が出てもそんなに“実害”があるわけではありません。
実際この□というのは、『ここに一文字、スペースを置くぞ』という印に過ぎず、従って送信後相手の方が文面を見る分には、ちゃんと□は消えています。

ただ、この□、下手をすれば本物の□、つまり本当に「書き込んだ」□と間違う可能性もないとは言えません。
下の画像は本物□、そしてスペース□を比較しています。

すごく似ています。こういう□が知らずに出てくるワケです。
すごく誤解を呼ぶ感じがするのではないでしょうか。
そして何よりいちいち鬱陶しい・・・

というわけで、試行錯誤、そしてネット上回答や解説からヒントを得て消し方が分かりました。
もったいぶってしまってすみませんが、次にその消し方、お伝えします。

   

『新しいメール』を立ち上げても□が出ないようにするには

まず、□が出るケースというのはOutlook365の場合(というか、おそらくOutlookのおおよそ全てのバージョンだろうと思います)、リボン一番左『新しいメール』をクリックして、作成するべきメール文面を立ち上げた場合です。

まずこの『新しいメール』をクリックして、メール画面を立ち上げてください。
ここで『今現在、□が現れる』ようになっていると、文章欄に文字を書こうとする際、スペースキーを叩いてスペースを空けるごとに□が現れるはずです。

あの『矢印マーク』が入力状態になっている

要は、『新しいメール』のリボンの設定を変える操作が必要になります。
注意:作成することになるメール中のリボンです)
以下に説明していきます。

1.まず、カーソルをメールの文章欄に入れておきます。
(カーソルが『宛先』や『件名』などにあると、リボンがアクティブになりません。その下の文章欄にカーソルを置くことでリボンがアクティブになります。)

2.リボンの上段にあるツールバーの内、『書式設定』をクリック。

3.そして、その下のリボンの内、『段落』のコーナーをご覧ください。
下の画像のように、右下の『矢印マーク』がグレイになっているはずです。

「何だこれ?」みたいなマークですが、結論からいうと、このマークで示される機能がオンになっていると、□マークが出てきます。

よって、これをオフにすることが解決策です。
上の様にグレイ状態になっているこのマークを一度クリックしてください。
グレイ状態(アクティブ)がなくなり、同時に□が消えてしまいます。

こんな風にですね。

分かってしまえば悲しいほどにあっさり解決です。

使い慣れたら優しい(?)Officeのバージョンアップによる変更

というわけで、この□を消そうと躍起になって小一時間、ようやく消えて解決できました。

話は戻りますが、Officeは自分も2003年のバージョンから使用しています。
ただ、いつも使うソフトではなかったし、以前はもっと使用頻度は落ちていました。

だからOffice全般の機能も無知な状態でしたし、最近はそれでもポツポツ使う機会が増えたとはいえ、こういう風にちょっとした(自分にとっては)トラブルで時間を費やしたりします。

自分のように、限られた機能しか使わない、いわばOfficeリテラシーの低い人間にとっては結構この点が大変かも知れません。
だから一番有り難いのは、バージョンが進化するごとに様々に機能や外見を変えていく、それによってあまり仕様を変えないで欲しいと言うことでしょうか。

   

Return Top