洋紀Hiromichiの部屋

洋紀Hiromichiの部屋は、自作曲と、和声など音楽通信講座のサイトです。

和音記号はどっちがお好み?

和声学を学習する方は、大方の場合音楽之友社「和声 理論と実習」というテキストを利用すると思います。

この全3巻+別巻の四冊、あまりにも有名です。
そして、和音を表す場合、ご存じの通りこのテキストは独特の和音記号を利用しています。

下のようなものになりますね。
一応、私がインスタントで作ってみたオリジナル、和声のフレーズです。
和音記号1

ただ、この和音記号は日本独特のものとも言えます。

一方、他の諸外国では下のように、単なる数字で和音を表すことが昔から行われてきました。
和音記号2
他にも表記の方法はありますが、おおざっぱに、ひとまず言ってしまえばそうなると思います。
(なお、この数字表記方法は『フランス式数字』と言われるもの)

さて、今回のテーマは上と下、どちらが良いのか悪いのか?というのを考えてみたいと思います。

もちろん両者はそれぞれ長所も短所もあると思います。
だから、これらを一緒くたにして優劣を競わせても意味がなさそうかもしれません。
というか、ムチャかもですWWW

けれども、ちょっとした雑談としては面白そうですので、私の独断としてあれこれお伝えしてみたいです。

(また後で書きますね^^)

Return Top