洋紀Hiromichiの部屋

洋紀Hiromichiの部屋は、自作曲と、和声など音楽通信講座のサイトです。

音楽のアタマ

 作曲の作業などをし始めてしばらくすると頭の中ではその音楽がしょっちゅう鳴り始めるようになります。
これが私の言う「音楽のアタマ」というわけです。

 作曲の作業も高じれば、時にはそれが強迫観念的にひっきりなしの連続状態で現れます。
そうなってしまうと作曲以外の他の作業、特に複雑で込み入った事柄を手掛けるのには不都合で困ってしまいますね。

 で、たとえば以前にTOEICの試験を毎回のように受けていた時期があります。
でも、その試験前の一週間くらいはこうした弊害を嫌って、作曲の作業を中断することにしていたものでした。
音
ですが普段の時であっても、曲を作る作業を進める中でそのようにしょっちゅう音楽が頭に残るようになります。
そうなると、音楽の善し悪しに限らず、曲自体、もしくは頭に描いた音のイメージ自体の持つ感情表現にいつの間にか感化されてしまうようです。

 つまりもの悲しい曲が脳裏に留まっている最中は気分的にもやっぱり陰鬱なムード、時には不快感があったり、その逆に明るくてダイナミックな曲想ならば気持ちもなんだかウキウキした感情を持てるようになるようですね。

 精神衛生上はもちろん後者のような曲想の曲を作っているときが好ましいと言えるはずです。
そうした音楽によって明るく快活で、積極的な気分でいられれば、それこそが本来的な音楽の『使命』みたいなものになると思えます。

そして、確かに作ったり聞いたりする分にはそういう曲の方が好ましいに違いないでしょうから、私自身の曲についてはだいたいそのような曲想を持つ音楽を作曲しようと意識している面があります。
自分の経験則であっても、悲しい曲とか荒びた短調の曲、悲劇的な曲などは気持ち的にも大変です。

また、面白い反応ですが、そういう曲を作ろうして頑張って作曲の作業に取りかかっても、なんとはなしに頭や手がなかなか進みにくいみたいです。
言ってみれば何か想念のレベルの領域に、一種の“壁”のようなモノができて、それが作曲の作業を阻んで来るような感じ。
そういう表現ができるかもしれません。

 だから自作曲サイト『丘の上の小径』でアップ中の曲をはじめとして、私の曲には主調として短調を持つものが極端に少ないのですが、もちろん曲の流れの上からは短調へト調が代わることは必須の要件になる場合も出るので全く使わないわけには行きません。

 ただしそのように短調を使う場合には、それに勝る音楽内容の長調でそれをくるみ込むようにしている、というわけです。

 果たして作り上げた曲がそのような思惑通りになっているかどうかはムズカシイところですが、そのようなスタンスを持って今後も作曲はして行きたいと思っています。

(旧サイト「hiromichiの部屋」より移植・修正)

Return Top